予防や駆除などの対策が鍵|執着心が強い鳩を近づけない

男性女性

鳥の被害から生活を守る

ハト

糞の撤去から始める

鳩は、平和の象徴とされている鳥ですが人間が住む環境にも存在するようになり生活に被害が出ています。鳩は、非常に執着心が強い鳥で一度安全な場所であることを確認すると長い間居続けようとします。住宅の屋根のちょっとした隙間やマンションなどにある室外機周辺などに侵入することが多いと言われています。羽の音や鳴き声が聞こえるだけでなく、鳩はあらゆる病原菌を持っていると考えられているのでアレルギーや感染症の発症にもつながることがあります。人間への健康被害が懸念されるので、駆除が必要になります。鳩の駆除は、まずは糞の撤去から始めることになります。鳩は自分の糞がある場所を安全であると認識しているので、駆除の第一歩は糞を綺麗に片づけて安全でないことを知らせることです。

忌避剤を使って退治する

鳩対策には、忌避剤を使った方法が特に効果的であると言われています。駆除方法には、鳩が侵入出来ないようにネットを張る方法や鳩がとまれないように手すりなどに針金を使うなどの方法もあります。しかし、ネットは外観を損ねることがあるので住居環境によってはふさわしくないことがあります。鳩がとまれないような対策をしても、侵入してくることもあります。忌避剤であれば、鳩が嫌う特殊な香料を使ったものなどがあるので置いておくだけで不快になり退散してくれると言われています。徹底的に駆除するには、糞を見かけたら毎回すぐに洗い流すなどして撤去して忌避剤を置くようにして住む場所ではないことを知らせることが大切です。しかし鳩はしつこいため気に入った場所には飛来します。こうなったら素人の手には負えないので専門業者に依頼して駆除を行なってもらいましょう。

きちんと準備を進めていく

住宅

自分でアシナガバチ駆除をする際は、夜に行なうようにして肌の露出を少なくして、匂いを消すことが重要です。経験などがないならば、業者を利用したほうがいいといえます。費用はかかりますが、長い時間をかけずに駆除してもらえるので安心です。

詳細へ

スズメバチに似たハチとは

考える女性

アシナガバチは、比較的おとなしいので巣を見つけても放置する場合もあります。トラップを仕掛けて女王蜂を捉えれば巣を作る心配はありません。巣を見つけた場合のアシナガバチ駆除は市販の殺虫剤を使います。作業は朝か夕方に行うことが必要です。

詳細へ